Topページより

   現在の明石小学校舎・幼稚園舎は復興小学校として建てられました。
(復興小学校とは関東大震災によって焼失した小学校を真に安全で衛生的で且つ明るい時代の出現を願い建築された117の小学校を言います。)

昨年は小学校創立100周年・幼稚園創立77年の式典が11月15日に行われました。
その式典の中で、

「開校百周年 喜びの言葉」より抜粋します。

1908年明治41年6月この明石町に明石小学校が誕生しました。
(中略)
関東大震災
地震とともに大火災が起きました。
校舎は倒れ、燃えてしまいました。
学校は京橋区南小田原町に一時移りました。
教科書も学用品もない中、
子どもたちは一生懸命勉強しました。
大正15年8月 新校舎が完成しました。
地震に強い 鉄筋の校舎に生まれ変わりました。
アーチ型の窓、円形の柱 美しく すばらしい校舎です。
今も わたしたちが 学んでいます。
(以下省略)



その式典から3か月後の「区のおしらせ中央」に明石小学校の校舎及び幼稚園の園舎の建替えに関する記事が掲載されました。

そして、その後の学校からの何度かの説明会が開催され、建替えは本決まりになりました、ということでした・・・。

明石町は古くは外国人居留地として栄えた町です。休日には、その面影を探す方が多く明石町を訪れます。今では、「○○の碑」等ばかりで、新しいビルに囲まれる街並みにすっかり変わってしまいました。しかしながらもそういった方々の心揺り動かす古い建物が今でも少しだけあります。大正15年建築の明石小学校、幼稚園、昭和2年建築のカトリック築地教会聖堂、昭和8年建築の聖ルカ教会(礼拝堂は昭和11年築)、築地になりますが昭和9年再建の築地本願寺・・・戦災、天災からも奇跡的に逃れ、立派に時代と共に歩み続けた建物達です。

そして、来年2010年夏、大正15年建築の明石小学校、幼稚園が建替えのため校舎は壊されることになります。

誰からも止められることなく、このまま83年間生き抜いた校舎・園舎はひっそりと幕を閉じることとなります。

校舎及び園舎に敬意を表したい気持ちでこのサイトを開設します。

この際、みなさんに校舎・園舎を褒めて褒めてお疲れ様と言ってもらいたい、でもやっぱりできるならば、次の100年も子供達を見守っていて欲しい・・・です。

最後にこのサイトを開設するにあたりご協力を賜りました方々に厚くお礼申しあげます。
どうもありがとうございました。感謝しております。

                                        2009年10月吉日

サイト管理人 maruihashira


引用: 「建築土木工事画報」
    「開校100周年・開園77周年記念誌明石」中央区立明石小学校・明石幼稚園
 


Top page

Copyright(C)2009-2010,maruihashira.All rights reseved.

inserted by FC2 system