渋谷区立広尾小学校

大正5年4月に広尾小学校が開校しました。

昭和3年の火災で全校は焼失しました。

昭和7年に別な場所に移転し、
鉄筋コンクリート造の校舎が完成しました。
(旧沼田藩主、土岐子爵は付近の住民と
共に校舎建設に協力援助を惜しまなかったそうです。)

平成2年3月 東京都歴史的建造物に選定されました
平成12年2月 国の有形文化財に指定されています。

ポイントは国際建築様式、壁面の装飾の美しさ・
消防署の望楼の意匠、玄関廻りの表現主義
デザインです。
・・・要するに校舎の美しさ、火の見櫓がある
珍しい小学校ということだと思います。
 
 
校舎の塔屋(望楼)は昔、
火事を発見するためのものでした。
小学校と消防署が同居してました。
校庭側扉です。
一つ一つに消防自動車が駐車
していたそうです。
 
  校庭の隅にあるミニミニ里山の様で
子供達の恰好の遊び場です。

里山の隣にあります。どうにか支えてます。   
   
 入り口も美しい造りです。 採光のための窓がまるい形をしたものもあります。 


戻る

Copyright(C)2009-2010,maruihashira.All right reseved.

inserted by FC2 system